雲竜渓谷氷瀑トレッキングツアー

雲竜渓谷
アイスワールド

冬の世界遺産の街を抜け、女峰山・赤薙山を仰ぎながら東照宮裏手の稲荷川を遡ると・・・

たどり着いた先には、凍てつく寒さに結氷した落差120mの氷瀑や幅100mにも及ぶ氷柱群や氷壁!

 

ようこそ雲竜渓谷アイスワールドへ!

日光の真冬のトレッキングツアーならまず外せない企画です。

予約する

 

アイゼンを装着し、完全冬山装備でゴールの雲竜渓谷を目指します。

感動!感嘆!驚愕?!間違いなしの絶景氷瀑トレッキングツアーです。

日時 2020年1月18日(土)~2月11日(火祝)
※氷の状況により開催期間は前後します
ツアーレベル 往復約10km、約6時間程度
体力★★★☆☆、難易度★★☆☆☆
対象 中学生以上(長時間歩ける健脚で健康な方)
料金 9,500円 税込
(ガイド代・保険代・アイゼン・ストック・ヘルメット レンタル含む)

スケジュール
(予定)
  • 所要時間 約7時間(歩行時間 約〇時間)
  • 7:45  集合 〜 〇〇 登山開始 〜〇〇 下山開始〜16:00頃 解散予定

※天候等により変更あり
※解散場所は「東武日光駅(グーグルマップ)」または「OnePlay-it(グーグルマップアクセス詳細)」

集合場所・時間 <電車の場合>
午前8:00 東武日光駅 ニッポンレンタカー(グーグルマップ)前 集合
※東武日光線8:25着の電車でお越しの方はお申込みの際にお知らせください。出発時間を調整します。

<車の場合>
①午前7:45 OnePlay-it(グーグルマップアクセス詳細) 集合
または
②午前8:00東武日光駅 ニッポンレンタカー(グーグルマップ)前 集合
※500円/1日の駐車料

持ち物・服装
  • 服装
    ・アウター
    (暴風、防水、防寒性の高いジャケット、パンツ、スキーウェア、スノーボードウェア等)
    ・インナー
    (保温性の高いフリース、ダウン、ウールのセーターなど)
    ・アンダーウェア
    (速乾性の高い化学繊維のTシャツ、ロンT、アンダーシャツ、スパッツ等)
    ・休憩昼食時に防寒できるコンパクトになるダウンジャケット等
  • 小物
    ・厚手のソックス(保温性が高く、化学繊維のものがベスト)
    ・帽子(耳が隠れるニットキャップが適)
    ※ヘルメットをかぶるのでポンポンがついていない方がgood
    ・グローブ(防水・防寒性の高いもの)
    ・サングラスorゴーグル
    ・スパッツ、ゲイター(※あれば)

  • 登山靴またはスノーブーツ(防水・防寒性の高いトレッキングシューズ ※スノーボードブーツは不可)
  • リュック
    (昼食、防寒着の他にアイゼンなどのレンタル個人装備を入れます)
  • お弁当、行動食
    (天候次第では行動食程度で済ませる場合もあります)
  • 飲み物
    常時の水分補給用(+昼食時の温かいボトルもあると重宝します)
  • その他
    常備薬、日焼け止め、カイロ、ゴミ袋等必要なもの
有料レンタル
(事前予約制)
レンタル品については数に限りがあります。必ず予約時にお知らせください
  • スノーブーツ¥500
  • スノーウェア(上下)¥1000
  • グローブ¥300
  • ゴーグル¥300
注意事項
  • 受付集合時間にはウェアに着替えた状態で集合をお願いします。
  • ツアーが始まるとトイレはありません。駅構内のトイレなどでお済ませください。

 

こんな装備で行っていきます。

予約する

他のとちょっと違います

ワンプレイトツアーの特徴

  1. 少人数制(繁忙期でもガイド1人あたり8名まで)
    →アットホームでガイドとの距離が近いんです
  2. 地元ガイドならではの情報量
    →安心安全な行程と、お得な地元情報(おまけの隠れ氷瀑ポイントにもいけるかも?!
  3. 撮影写真データはプレゼント(すてきな思い出になりますように)

そのほかにも・・・

アクセス良好。日光駅からベースまで車で5分
→駅までの送迎できます
 

 

わたしたちがガイドします

個性豊かな私たちが氷の神殿「雲竜渓谷」を安全に楽しくガイドしまーす!!

 

ウッキー

ギャラリー

予約する

もっと詳しく

雲竜渓谷とは・・・

ルートはざっくりこんな感じです

<クリックで拡大>

  1. ゲートのある登山口を出発し、雪の中を日光連山の深い谷間へと進みます。
  2. 途中でアイゼンとヘルメットを装着し完全冬山装備で核心部の氷の世界へ。
  3. 道中は流れる川の上にできたスノーブリッジを渡ったり、アイゼンを履いた足で石伝いに渡渉したり、ちょっと急坂を登ったり、下りたりの多少のアップダウンも。
  4. 核心部はほぼ日が当たらないので氷点下の世界。
    「厳冬期にしか見ることのできない絶景の氷の神殿」を目指します。

ツアー後のお楽しみ

動いた後は甘いもの派

てんとう虫

東武日光駅近くのオリジナルクレープなどの軽食屋さん。
ウッキーはいろいろ入ってますクレープと200円サイズのポテトが鉄板!!
優しく甘いクレープと塩加減絶妙なポテトで疲れをリカバリー。

菓子工房ギャルソン

ワンプレイトから徒歩1分のケーキ屋さん
人気No.1のアップルパイは食べづらっ!!って思うほどデカい!でもうまい!
イートインスペースもあるからひと息入れるのにぴったり!

疲れを癒す温泉でしょ派

ゆりん

周辺観光のページもご覧ください

お客さまの声

  • 準備中です

よくあるご質問

昼食はどんなものがいいですか?

基本的には何でも大丈夫です。
オススメはパンとカップラーメン。
お米は気温が低い時は凍ってシャリシャリになります。
どんな天候でもさっと補給できるパンと身体を温められるカップラーメンやスープなどがあるとNICE👍お湯を忘れずに!!
※荒天時は行動食程度しかとらない場合もあるので行動食も持ってきましょう。

道中トイレはありますか?

基本的に歩き出したらトイレはありません
駅やベースなどでしっかりと済ませてから出発しましょう。
万が一の場合は野外トイレで。紙ごみはお持ち帰りをお願いします。

自前の軽アイゼンならあるけどOK?

アイゼンは8本爪以上をオススメします
6本までの軽アイゼンは歯が基本土踏まずにあり前に爪がないため、傾斜でのグリップが効きにくいです。また爪も短く渡渉等の際に靴の水没の危険があります。
(当店ツアー代金にアイゼンレンタルは含まれていますので心配な方は当店のものを使ってください。)

ゴーグルかサングラスはいる?

はい!いります
雪による照り返しが強いため眩しい+目が弱い方は紫外線で目を痛めてしまうこともありますのでサングラスは最低でもお持ち下さい。

夏用の登山靴はあるけどOK?

夏用だと厳しいです。
基本氷点下の雪と氷の上を(場合によっては-10度近いことも)1日歩き、道中極寒の川を岩伝いに渡るなどもします。よって防水防寒の冬用もしくは3シーズンの登山靴かソールの硬めな防寒のブーツに靴下等で調整するのがよいかと思います。(当店レンタルの靴は防寒ブーツとなります。)

持ってくるとよいものなんてあります?

いろいろあります
ホッカイロ⇒寒い場合も使えるし、携帯等に張り付けると電池消耗減
携帯・カメラの予備バッテリー⇒低温でバッテリーの消耗が激しい
大き目ジップロックorビニール袋⇒割れて落ちた氷を持って帰り雲竜ロックで晩酌👍
 座布団⇒昼食時にお尻が冷たいのであると便利

予約する

その他 冬シーズンのオススメ

  • 夫婦滝氷瀑トレッキングツアー
  • 氷の世界へ(雲竜渓谷・アイスクライミング)